マルチアングル三脚

おいら、火の山頂上から望む関門海峡の眺めが好きやさかい、天気がいいと時々行ってまんねん。



火の山から見る関門海峡
火の山から見る関門海峡 posted by (C)へぼたろう




火の山から見る関門橋夜景
火の山から見る関門橋夜景 posted by (C)へぼたろう




で、どんな位置から撮っているかというと、ロープウェイ山頂駅(地図)の屋上からなんですわ。





写真を見ると分かるように、転落防止フェンスの高さが高いんですわ。150cmくらいあると思うんでっけどな、おいらの持ってる中型三脚ではエレベーターを最大に伸ばしても165cmなんで、通常の設置方法だと、フェンスが写りこんでしまいまんねん。そやさかい、脚を一本フェンス外に出し、あとの2本をフェンスにもたれかかるようにして撮ってまんねん。しかしこの方法だと、他の観光客がいる時なんか、フェンスの手すりにもたれかかるさかい、ほんの僅かでっけどな、その振動が三脚に伝わってシャッターブレをしてまうんですわ。それから、結構、風があるんで、しっかり固定して撮るのは至難の業なんでんな。

そやさかい、大型三脚が欲しいんでっけどな、大型は3段で縮めた時の脚長が長いうえ、それに何たって重いさかい、持ち運びを考えると、どうしても買うのを躊躇してまいまんねん。



そんななか、写真仲間が、「もう一本三脚を買おうと思ってんねん。」そんな話のなか、おいらも一緒にネットで見ていると、こんなん見つけたんですわ

Velbon カーボン三脚 エル・ロック VS-5400Q

まさに、これですわ。おいらが欲しかったのが。中型4段三脚でありながら、最大長が194cmあり、「バーサタイルスイングセンターコラム」なるものが搭載されていてマルチアングル撮影できまんねん。これだと、フェンスの真上にカメラをスライドしていけるんで、楽に撮影出来まんがな。それに、価格も通常のカーボン三脚と殆ど変わりまへん。ワンランク下の「VS-443Q」ってのもあるんでっけどな、こちらはアルミ製だし、細かいところまで比較すると、「VS-5400Q」の方が、値段差以上の価値がありまんがな。








この「VS-5400Q」、現時点での最安値はアマゾンで、31,215円、しかし、おいらソフマップ楽天店で、33,140円で購入しましたんや。理由は、ここは、しょっちゅうポイント5倍キャンペーンをやってるし、それに楽天自体のキャンペーンがある時に購入すれば、併せてポイントが10倍くらいななりまっさかいな。それを金額に換算すると3,000円くらいにはなるんで、実質3万円くらいで購入出来ましたんや。



そんなこんなで、待つこと1週間、ようやく三脚が送ってきましたがな。

おいら、ミニカー収集も趣味なんで、この三脚での撮影を楽しみにしてましたんや。通常の三脚だと、寄れないし真上からの撮影も出来まへんさかいな。

で、早速、撮影してみましたがな。







撮影したものは、1957年ダイハツ ミゼット(前期型)1/32scaleのプラモデル。

知り合いのプラモデル製作名人に作ってもらったんですわ。



ミゼット_1
ミゼット_1 posted by (C)へぼたろう




ミゼット_3
ミゼット_3 posted by (C)へぼたろう




ミゼット_2
ミゼット_2 posted by (C)へぼたろう




さすが、プラモデル製作名人でんな。写真を拡大して見るとよう分るんでっけどな、車体の使い込んだ感のヨゴレ、それに荷台のトロ箱、手鉤まで作ってくれて、リアル感が半端ではありまへん。おいら、こんなん絶対真似できまへん。

ま、そんなこんなで、今回買った三脚、いろんなところで活用出来そうで、これからも楽しみですわ。















スポンサーサイト

1台4役マルチ測定ツール

楽天市場の期間限定ポイントの有効期限が間近に迫ったもんやさかい、なにか面白そうなもんはないか探してましたらな、DIYでのマルチ測定器具が目に留まったもんやさかい、買ってみたんですわ。

レーザーポインター、 3方向水準器、 スケール(巻き尺)、定規 の1台4役マルチ測定ツール!

何も測定するものが思い浮かばなかったもんやさかい、とりあえずスケールで、ミニカーの長さでもちょっと測ってみることに。

特に、使い勝手が悪いということはおまへん。





レーザーレベラーは、通常、安いものでも3000円くらいはするんで、ま、職人さんが使うには、ちとちゃちなんかも知れま辺けどな、素人がDIYで使うくらいなら、これで十分ですわ。







このレーザーポインターの電池は、ボタン電池(AG13)3個使用で、有り難いことに予備電池も3個付いててお買い得でしたわ。







ま、そんなこんなで、DIYに役立ちそうですわ。














ゼブラ デルガード

友達が、ネットで面白いシャーペンを見つけて、おいらの分まで買ってくれましたんや。

Zebra DelGuard 云うんでっけどな、一見、普通のシャーペンと変わりありまへん。







説明を聞くと、なんでも、ガードパイプが付いてて、芯が折れないようになってるとのこと、更には、ペンシルを逆さにするだけで消しゴムが飛び出してくるんで、キャップを外す手間も要らないし、紛失する心配もないとのことですわ。

ガードパイプが付いてるシャーペンは、昔からあったはずでっけどな、特にそれが使いやすいってな記憶はありまへん。

折角いただいたもんやさかい、ちょっと試し書きをしてみると、「おっ! こりゃ、すげぇっ~!」すらすらと、幾らでも書けまんがな。それに、ちょっと、力を入れて強く書いても、芯が折れまへん。

昔からあったガードパイプとは、全く仕組みが違うようで、芯に掛かる負荷が一定以上かかると、その負荷を逃がすためのスプリングが、2ヵ所組み込まれているとのことですわ。。








ま、そんなこんなで、有り難く使わせて頂きますわ。








USB 電流&電圧チェッカー

最近、身の回りには、USB充電で使うグッズがいろいろと氾濫してまんな。

充電機器によって充電時間がかなり違うんで、そこで、ちょっと気になるんが、充電中の電圧や、電流ですわ。

今、こんな便利グッズも売ってんでんな。

USB 電流&電圧チェッカー、早速、使ってみましたがな。

デジカメの互換バッテリーなんでっけどな、充電アダプターとの間に差すだけですわ。





充電アダプターは、コダックのデジカメ用のもので、定格出力は、5V、1Aなんですわ。





1Aで充電出来出来るものと思ってたら、充電開始時で、0.51Aなんですな。(と、いうことはMAXで1Aということで、充電される側のバッテリーによっても数値が変わるってことでしょうな)



因みに、充電完了時は0.00Aとなり、過充電してないことが解りますわ。







次に、タブレット(楽天Kobo)を充電してみると・・・

( こちらは、定格出力が、5.35V、2.0A





タブレットは、割と、ほぼ、定格通りの数値(5.26V,1.82A)で充電されてるんが、よう解りますわ。





ま、そんなこんなで、USB 電流&電圧チェッカー高いもんではないんで、1個持ってると何かと重宝しますわ。






パノラマヘッドを装着

写真を撮る時、きちんと水平出しをするってのは基本中の基本ですわな。

おいらが使ってる三脚の雲台にも水平出しが出来るよう水準器が備わってるんで、単純に1枚ずつ撮るには、これで事足りてるっでっけどな、パノラマ写真を撮るとなると、こんなんでは役に立ちまへん。

三脚のセンターポールが垂直になってれば問題ないんやろうけど、現実的にはまずありえへんさかいな。







そんで、今回、パノラマヘッドを取付よう思いましてな、「ベルボン プレシジョンレベラー」を購入しましたんや。







開封してパーツの確認

パノラマヘッド本体、クッション、ねじ回し、UNC1/4→UNC3/8変換ネジ、説明書







で、早速、取付よう思いましてな、雲台を取り外してみると、3/8ネジなんで、付属のUNC3/8変換ネジに交換して取付ましたがな。(殆どの三脚は、1/4ネジなんで、そのままで使用可能)







これで、パノラマヘッドは取付出来たんやけど、パノラマヘッドと雲台がネジの大きさが違うんで取付られまへん。

取付には3/8→1/4変換ネジが必要なんで、慌てて別売で購入しましたがな。







で、ようやく何とか、装着出来ましたがな。








そんなこんなで、早速使ってみると、水平出しが簡単に出来て、パノラマ写真も楽に撮れますわ。



DSC07445_stitch
DSC07445_stitch posted by (C)へぼたろう




関連過去記事

パノラマ合成ソフト 「Microsoft Image Composite Editor」














プロフィール

へぼたろう

Author:へぼたろう
他サイトから引っ越して来ました。
アラカン世代のデジモノ大好きおっさんです。
趣味は、PC、デジカメ、ミニカー収集・・・などなどです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア












検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク