関門海峡を行き交う船

こないだ、天気が良かったもんやさかい、写真仲間とちょっとドライブがてらに、彦島に行ってみたんですわ。

今回は、関門都市霊園地図)付近から船の写真でも撮ってみることに。

対岸の左前方が門司港レトロでしてな。ここは、結構いろんな船が行き交ってましてな、ずっと海を眺めてても退屈することはありまへん。

関門海峡を航行する客船(彦島)1
関門海峡を航行する客船(彦島)1 posted by (C)へぼたろう




たまたま、ニューかめりあが航行してたんで、ちょっとアップで撮りましたがな。

関門海峡を航行する客船(彦島)2
関門海峡を航行する客船(彦島)2 posted by (C)へぼたろう




今回撮った場所を対岸の門司から見ると、こんなんですわ。

関門海峡を航行する貨物船(門司)
関門海峡を航行する貨物船(門司) posted by (C)へぼたろう




今回使った機種は、PENTAX K-S2、それにレンズは、SIGMA 18-250mm。このレンズ一本で、広角から望遠までカバーできるんで、めっちゃ重宝してまんねん。






スポンサーサイト

山口のパワースポット「瀧塔山 龍蔵寺」

山口のパワースポット「瀧塔山 龍蔵寺」(地図)に出かけてみたんですわ。

ここは、数多くの多くの霊場札所として、由緒あるお寺なんですな。

□ 中国三十三観音霊場十七番札所

□ ぼけ封じ三十三観音霊場二十二番札所

□ 周防国三十三観音霊場三十三番札所

□ 山口県十八不動三十六童子霊場十二番札所



ここは、紅葉の秋には、ものすごく人が押し寄せるようでっけどな、今の時期、参拝に訪れる人は殆どいてまへん。

駐車場も、がらがらですわ。駐車場からみると、一見、そんなに大きなお寺にみえまへんけどな、山の中、結構、見るところが多いんですわ。

で、これが、駐車場からすぐのところの案内図ですわ。パワースポットがいっぱいですわ。

龍蔵寺 案内図
龍蔵寺 案内図 posted by (C)へぼたろう



石段手前には、七福神がお出迎えですわ。





そして、すぐ隣にあくしゅ地蔵が居てまっさかい、しっかり握手して、




有り難い人生訓を読ませていただきましたがな。





そして、石段を上がって、山門のところで、参拝料200円を払いましてな。





山門をくぐってすぐ左にそびえ立ってるのが、、樹齢1000年、日本一の高さ、国のの天然記念物大銀杏









で、興味深いのが、この銀杏の根っこ一部が観音堂に続く石畳の間から現れてましてな、それが、仏さまにも見えるってことで、さするとご利益があるそうで、おいら、何度もさすりましたがな。





そして、高さ10メートルもある大聖青不動明王





それから、このお寺には、八百屋お七の供養塔が奉納されてんおですわ。





と、いろいろと、見るところがあるんでっけどな、何といっても、「名勝 鼓の滝」が、見応えありますわ。

龍蔵寺 鼓の滝
龍蔵寺 鼓の滝 posted by (C)へぼたろう








シャッター速度1秒と、スローシャッターで撮ってるんでっけどな、今の時期、水量が少ないもんで、今一つ滝の雰囲気が足りまへんな。



ま、そんなこんなで、ええとこでしたわ。





※ 「龍蔵寺」参考サイト

http://www.kannon.org/jiin/01/20/index.htm



※ 「札所」参考サイト

https://www.otera.co.jp/howto/fudasyo.php


※ 「八百屋お七」参考サイト

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/libr/qa/qa_31.htm

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/1544/oshiti.html










東後畑棚田 2017

こないだ元乃隅稲成神社に行った時、ついでに日本の棚田百選の一つ東後畑棚田地図)に立ち寄ったんですわ。田んぼに水を張ったこの時期、こんな青空の天気に恵まれることは滅多にありまへん。ほんま、この日は、天気に関しては申し分ありまへんでしたな。



東後畑棚田2017_1
東後畑棚田2017_1 posted by (C)へぼたろう




ここから眺める「水を張った棚田と海岸線との織りなす風景」は、超絶景だったんでっけどな、残念なことに水田がどんどん潰されて今では畑ばっかりになってまんがな。

4年前の同時期の棚田の様子がこちら。

東後畑棚田2013_1
東後畑棚田2013_1 posted by (C)へぼたろう




このころは、夕日とのコラボを撮るのに、遠方から朝早く場所取りに来て、満員状態だったんでっけどな。

2013_2
2013_2 posted by (C)へぼたろう




夜まで待って漁火とのコラボがこちら。

東後畑棚田2013_3
東後畑棚田2013_3 posted by (C)へぼたろう




それでも、50メートルほど東側に寄った位置では、辛うじて棚田が残ってましてな、この場所を目当てに遠くから何人かが来て三脚を並べてましたけどな。

東後畑棚田2017_2
東後畑棚田2017_2 posted by (C)へぼたろう




4年前の様子の動画がこちら。












向津具半島 元乃隅稲成神社

こないだ天気がよかったもんで、油谷の元乃隅稲成神社地図)に行ってみたんですわ。

山の中の道で、昨年の今頃は、離合するの大変で渋滞でひどかったんでっけどな、今は離合場所が何か所も造られており、駐車場も増えたし、更には一方通行になったことで、かなり道路状況は改善されてますわ。





元乃隅稲成神社_1
元乃隅稲成神社_1 posted by (C)へぼたろう






元乃隅稲成神社_2
元乃隅稲成神社_2 posted by (C)へぼたろう






元乃隅稲成神社_3
元乃隅稲成神社_3 posted by (C)へぼたろう






元乃隅稲成神社_4
元乃隅稲成神社_4 posted by (C)へぼたろう






元乃隅稲成神社_5
元乃隅稲成神社_5 posted by (C)へぼたろう






元乃隅稲成神社_6
元乃隅稲成神社_6 posted by (C)へぼたろう




元乃隅稲成神社には、過去4回ほど行ってるんでっけどな、これだけの青空に恵まれたのは初めてですわ。ここ向津具半島は地形的に天候が安定してないようで、天気が良くてもこれだけの青空になることはなかなかありまへん。

昨年撮った写真でっけどな、この日も天気が良かったんでっけどなこんなんですわ。

DSC05946
DSC05946 posted by (C)へぼたろう




それに、地面と空との露出差が大きいもんやさかい、普通に撮ったんでは、空は白トビしてまいよりまんねん。HDR撮影もやったんでっけどな、それでも今一つなんですわ。



そんな失敗をしないよう、今回は、こんなアイテムを準備して行きましたんや。

ハーフND角形フィルター







このハーフNDフィルターのおかげで、今回は空が白トビすることなく上手く撮れましたがな。










角島を、一日かけて、120%満喫

おいら、角島には、たびたび行きまんねん。そやさかい、遠くから来る友人なんかが、撮影スポットについてよく聞かれるんですわ。

そやさかい、今回、「角島を、一日かけて、120%満喫するコース」を時系列に書きますわ。

まず、キレイな海を撮るには、お日様との位置関係を常に念頭に置いておかんとあきまへん。





①  9:00 頃までに角島大橋駐車場に到着。まず、ここから見る角島大橋を撮影。

(9:00 頃までに行く理由は、この後、玉子を買いに行くもんで、www)

DSC04238
DSC04238 posted by (C)へぼたろう






② 橋の入り口を横切り展望台へ向かう。

DSC04243
DSC04243 posted by (C)へぼたろう






③ 展望台からの、砂浜と海と角島大橋の眺望は、めちゃめちゃ感動もんなんで、パノラマ撮影しておくのがお薦め。

panorama
panorama posted by (C)へぼたろう






④ 絶景ポイント(地図)に移動して、ここからも撮影。

DSCN3230
DSCN3230 posted by (C)へぼたろう






因みに、昼過ぎだと逆光になり、キレイな海は撮れまへん。こんな写真になってまいまんねん。

DSC02995
DSC02995 posted by (C)へぼたろう




⑤ 10:00 島に渡らず、一旦、この地を離れ、3つのたまご地図)に行きまんのや。





ここの玉子はめっちゃ美味いんで、いつも買ってまんねん。午後からだと、完売していることが多いさかい、この時間に買っておくのがベストなんですわ。





ちなみに、この卵、黄身が盛り上がってて、玉子かけごはんで食べると最高ですわ。





それから、ここの、ソフトクリームとプリンがめっちゃ濃厚で美味いんですわ。店内でも食べれるようテーブルが用意してあるんで、ここでプリンでも食べながら休憩ですわ。





⑥ 11:00 道の駅 北浦街道 豊北へ行く (地図

時間が早いけど、ここの食堂で昼食。とにかく、ここは、平日でも満員で、休日ともなると長蛇の列ですわ。そやさかい、混む前に食事を済ましときまんのや。





お勧めは、何といっても刺身定食(1450円)、とにかく魚の活がよくて、美味いですわ。





それと、天婦羅定食(1500円)もお勧めでんな、エビがデカくてプリップリしていて、とにかく美味いですわ







⑦ 13:00 ここでゆっくりと休憩した後、ようやく、角島大橋を渡り、島内を回遊するんですわ。牧崎風の公園からは、日本海のダイナミックな荒波が見れますわ。(遠くに見えるのが、角島灯台)

DSC00573
DSC00573 posted by (C)へぼたろう






⑧ 太陽が沈む前に④の絶景ポイントまで引き返し、角島に沈む夕日を撮る。

DSC03142s
DSC03142s posted by (C)へぼたろう




動画は、こちら。








⑨ 19:30 夕日を撮り終えたら、もう一度、角島に渡り、角島灯台に向かう。夜のしじまに浮かぶ灯台は、何とも幻想的でメルヘンの世界ですわ。

DSC03215
DSC03215 posted by (C)へぼたろう




⑩ 20:00 これで最後なんでっけどな、帰りにもう一度、④の絶景ポイントに立ち寄り、夜景を撮るんですわ。

DSC03286
DSC03286 posted by (C)へぼたろう






ということで、少しは、参考になれましたかな。












プロフィール

へぼたろう

Author:へぼたろう
他サイトから引っ越して来ました。
アラカン世代のデジモノ大好きおっさんです。
趣味は、PC、デジカメ、ミニカー収集・・・などなどです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア












検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク