PaintShop Pro カラーチェンジャーツール

今日は、久しぶりに天気が良く、空も青く、清清しいでんな。

こんな時、Pモードもまま撮ってまうと、せっかくの青空が青空らしく撮れまへん。

こんな場合、シーンモードの「風景」を使うのが手っ取り早いんで、その設定で撮りましたがな。

(使用したカメラは、COOLPIX S9900)



DSCN3200
DSCN3200 posted by (C)へぼたろう




ま、五月晴れってのはこんなんでしょうけどな。

しかし、ここは、もっと空を青くしたいんで、「Corel PaintShop Pro X8」て、写真の修整ですわ。

やり方は、メッチャ簡単、3ステップで簡単に修正出来るんですわ。

ステップ1. .「カラーチェンジャーツール」を選択







ステップ2. マテリアルのカラーパレットから、今の空の色より濃い青色を選択







ステップ3. 変更したい写真の空の位置でクリック

たったこれだけで、色が変わりまんねん。



DSCN3201
DSCN3201 posted by (C)へぼたろう




このソフト、おいら、20年以上前のPSP6の頃から、ずっと使ってましてな、重宝してますわ。










スポンサーサイト

ミニカー撮影 COOLPIX P7800

おいら、ミニカー撮影においては、状況に応じて、デジイチを使うこともありまっけどな、殆ど、COOLPIX P7800 を使ってんのですわ。

理由は、

1. センサーサイズ

デジイチは、センサーサイズが大きいので、被写界深度が浅くなりすぎるし、かと云って、1/2.3型センサーのコンデジでは、画質がイマイチ。

その点、1/1.7型センサーサイズってのは、丁度良い塩梅で使えるんですわ。

2. ユーザーセッティングモード

ホワイトバランスのマニュアル設定、露出モードの設定、AFモードの設定等、その都度設定するのは、ホンマ面倒くさいでんがな。

その点、COOLPIX P7800には、ユーザーセッティングモード(U1,U2,U3)が搭載されてましてな、一度設定したものを記憶させておいて、必要に応じて呼び出せるんですわ。これ、ほんま、重宝してまんのや。

3. マニュアルフォーカス

1/43以下のミニカーを撮影する場合、AFでピンポイントでピントを合わせるのは至難の業でんがな。

その点 COOLPIX P7800のマニュアルフォーカスは、ピント位置を拡大表示して合わせることができるんで、めっちゃ使い易いんですわ。



そんなこんなで、今回撮ったのが、

JADIの1/43scale 「BMW V12 LMR LEMANS 99」

このミニカー、1/43scaleの割りには、結構値段が高いんですわ。(参考価格8,000円ほど)

しかし、そのリアリティ精度を見れば、値段が高いのも納得しまんな。それに、ディスプレイケースも付いてまっさかいな。






で、早速、撮影ですわ。

被写体との距離は、30cm程度、こんな位置関係ですわ。







ホワイトバランスは、マニュアルで設定済みのPRE1、露出設定は、AモードでF5.6、それからピント調節はMF設定、これらの設定、モードダイヤルの「U1」を選ぶだけで、呼び出してくれるさかい、今回、特に設定することはありまへん。







で、マルチセレクターの「OK」ボタンを押せば、拡大表示されるんで、マルチセレクターのリングを回してピント調節しまんのや。この時、拡大表示したまま、AFにも切替られるんで、ピント合わせは、思うところに楽に合わせられるんですわ。、







そんなこんなで、撮ったのがこちら。
















BMW V12 LMR LE MANS 1999 JADI JM-80012 45261754…

BMW V12 LMR LE MANS 1999 JADI JM-80012 45261754…
価格:4,320円(税込、送料別)







HPB サイト設定バックアップ

先日、「ホームページ・ビルダー」において、サイト設定データが不具合を起こすってなことを書きましたけどな、あれ移行もしょっちゅう不具合を起こすもんやさかい、バックアプする方法はないもんか、いろいろ調べていると、ジャストシステムのサポートがら「安心バックアップ・移行ツール」ってなツールがあって、ダウンロード出来まんがな。



http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=048902



そんなこんなで、このツール、ダウンロードして、インストールしましたがな。



hpb_bkup.gif





その後、また設定が消えたんで、早速、このツールを使ってリストアしたんですわ。

で、この時に気がついたんでっけどな。

マイドキュメントに、mysite1、mysite2、mysite1 なるフォルダが作られてんのですわ。

こんなフォルダ、おいら作った記憶はありまへん。







おいらが、作ったサイトの保存場所は、違うディレクトリで、マイドキュメント内のかなり深い位置なんですわ。

しかも、フォルダ名はこんなんではありまへん。

で、mysiteX の作成日時を見ると、まさに、今、リストアした日時ですわ。







と、云うことは、今まで、しょっちゅう、サイト設定情報が壊れていた原因は、

サイト保存フォルダの、フォルダ名、保存場所をこの通りにしてなかったからかもまへんな。









ガーデンカフェ カモミール チューリップ


先日、友達とドライブの際、立ち寄った喫茶店(ガーデンカフェ カモミール)。

メルヘンチックな佇まいの庭のに店があり、何とも癒されますわ。

そんで、コーヒーを一杯頂き、庭の花の写真を撮らせて貰ったんですわ。



DSC05669
DSC05669 posted by (C)へぼたろう




DSC05668
DSC05668 posted by (C)へぼたろう




チューリップが、キレイでしたなぁ。







ホームページ・ビルダー15 サイト一覧不具合

おいら、「ホームページ・ビルダー15」を使ってんのでっけどな、サイト一覧を見ると、設定済みのサイトが消えてたり、壊れたりしていてサイトが開けないことがしばしばあるんですわ。
それに、転送設定も一覧から消えたりするんですわ。
その都度、登録設定をやり直すんでっけどな、やり直すと、どういうわけか、消えたはずのサイトが表示されたりで、どこかがバグってるようなんですわ。

解決方法をネットで探してみていると、結構、おんなじ症状で困っている人が多いようですな。
そんなこんなで、行き着いたところが、のサポートFAQ
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=046529

「hpbclean.exe」というツールを使い、リセットすればいいということなんですな。
説明文には、ファイルの格納場所が、Program Files (x86)内の「IBM Homepage Builder xx」と、書いてありまっけどな、こんなフォルダーは存在してまへん。
おそらく、バージョン14までは、その通りなんかもしれまへんな。
バージョン15からは、ディレクトリーが替わったようで、JustSystems の中にありましたがな。

hpbclean1

そんなこんなで、ようやく「hpbclean.exe」を見つけましてな、該当項目にチェックを入れて実行ですわ。

hpbclean2

これで、リセットされたんで、再度、サイトの登録設定をしましたがな。

ユキモチソウ [雪餅草]



昨日、知り合いの歯医者さんに行ったら、診療室に珍しい花がありましたがな。

おいら、生まれてこの方見たことありまへん。

花の名前は、ユキモチソウ [雪餅草]と、云うそうなんですわ。

たまたま、コンデジを持ってたさかい、撮らせてもらいましたがな。



CIMG0748
CIMG0748 posted by (C)へぼたろう




CIMG0749
CIMG0749 posted by (C)へぼたろう




CIMG0750
CIMG0750 posted by (C)へぼたろう










菜の花2016

桜が終わった今の時期は、菜の花がキレイでんな。



DSC05684
DSC05684 posted by (C)へぼたろう




DSC05676
DSC05676 posted by (C)へぼたろう









雨上がりの菜の花

今年の桜の時期は、天気のいい日が少なく、あまり撮る機会がありまへんでしたなぁ。

そんなこんなで、雨上がりの菜の花でも撮ってみましたがな。



DSC_3274
DSC_3274 posted by (C)へぼたろう




DSC05657
DSC05657 posted by (C)へぼたろう




DSC05654
DSC05654 posted by (C)へぼたろう













COOLPIX S9900 「画質」

前回は、COOLPIX S9900 「連写」について書きましたけどな、今回は、COOLPIX S9900 「画質」について書きますわ。(COOLPIX S9900のレポートは、今回で、最終回です)



1/2.3センサークラスにおいて、画質は、可もなく不可も無しってとこでんな。

高倍率ズームってことを加味すると、まあ、健闘してる方なんでしょうな。

このカメラは、機能が多彩ってとこが売りなんで、画質は、こんなもんでしょうな。

とは、言うものの、5,6年前のコンデジと比較すると、月とすっぽんくらいの差がありますわ。

そんなこんなで、一応、こんな検証してみたんですわ。

壁に、新聞紙を貼りましてな、広角側で、画面いっぱいになるように撮りましたんや。






(この時の画質モード、画質サイズは、FINE 16Mピクセル)







画面中央部と周辺部をピクセル等倍で切り出すと

中央部は、シャープに撮れてますわな。







一方、周辺部は、収差がひどくて、かなりボケてまんがな。







これは、条件的に不利な広角側で撮影したことと、高倍率ズームレンズやさかい仕方ありまへんな。

それでも、日常のスナップ写真くらいでは、画質が気になることはありまへん。

もうワンランク上の画質を求めるなら、1/1.7型センサーの [COOLPIX P7800] が、お奨めでんな。

画質比較サイト(http://www.imaging-resource.com/IMCOMP/COMPS01.HTM)で、比較すれば、その差は一目瞭然ですわ。

比較の仕方は、左右にあるプルダウンリストから、比較したい機種をそれぞれ選ぶと、その機種で撮った画像が左右に並べて表示されまんねん。











そういえば、この[COOLPIX P7800]は、生産終了なってるようで、メーカーのラインナップから消滅してまんな。

このデジカメは、販売量が少なく、採算が合わないないんでしょうな。

もう、後継機も出ないとなれば・・・

大袈裟な言い方かもしれまへんけどな、おいら、[COOLPIX P7800]は、完成度が高く、コンデジの歴史に残る名機やと思ってまんねん。



と、いうことで、COOLPIX S9900 レポートは終了です。



COOLPIX S9900 レポート過去記事

1. 外観・操作性

2. ハイブリッド手振れ補正

3. GPS(世界地図内蔵)機能

4. タイムラプス動画 

5. 夜景

6. 連写







COOLPIX P7800

COOLPIX P7800
価格:37,800円(税込、送料込)




【展示品】【即納】NikonCOOLPIX S9900 / ブラック

【展示品】【即納】NikonCOOLPIX S9900 / ブラック
価格:22,000円(税込、送料別)






COOLPIX S9900 「連写」

前回は、COOLPIX S9900 「夜景」について書きましたけどな、今回は、COOLPIX S9900 「連写」について、レポートしますわ。



最近のコンデジは、殆どの機種において連写機能が搭載されてますわな。

カタログに、秒間120コマとか書いてあると、こりゃ、並みのデジイチより凄いと思いまんがな。

(実際には、デジイチには足元にも及ばないんでっけどな))

連写においては、制約事項が多いんで、取説を読んだけでは、よう解りまへん。

それに前もって練習しておかないと、ぶっつけ本番ではまず失敗しまんな。

で、[S9900]の連写モードなんでっけどな、







大きく分けて、通常連写、高速連写、先撮り撮影の3種類にあるが、画質はいずれも「NORMAL]、それから、ピント、露出は1コマ目で固定されまんねん、

これを一つずつ見てみると

【通常連写】

取説には、連写Lの場合、画像サイズ/16M(4608x3456)、撮影枚数/11コマ と書いてありまっけどな、画像サイズを4M(2272x1704)で撮影すると、44コマ撮影出来ましたわ。

連写Hの場合は、画像サイズにかかわらず、いずれも5コマでしたな。

(シーンモードの「スポーツ」で撮っても、連写Hと同じ)

テレビドラマで、カメラマンが「カシャカシャカシャ」と、撮ってるシーンをよく見まっけどな、あれは、秒間3コマくらいのスピードやと思いまっけどな。

【高速連写】

画像サイズが固定で、秒間60コマの場合は、1M(1280x960)、秒間120コマの場合は、VGA(640x480)

【先取り撮影】

このモードは、イメージ的には、ドライブレコーダーと同じような機能で、シャッター半押しで記録を開始し、そこから更に全押しすると、全押しする前の3コマと全押しした後の22コマが保存されるようになってまんねん。

画像サイズは、1M(1280x960)に固定。



いずれにしても、

バッファメモリからSDメに書き込むのに数秒かかるので、シャッターを押し始めるタイミングを誤ると、肝心な場面でシャッターが切れないってことになりかねまへん。

一発勝負の場合、どのモードで撮るが、前もってシュミレーションしておく方が懸命でんな。



そんなこんなで、早速、試してみましたがな。

テスト用の素材は、「瞬足バギー 3Dエクストリーマーズ」。

勢いよくジャンプ台を駆け上ってバック転するところを連写してみましたがな。











実際、こやって撮ってみると、これが、実に難しい。

これを撮るのに、何十回と撮り直ししましたがな。

何が難しいかって?

□ シャッターを切るタイミングがなかか合わない。

□ 適切なシャッター速度を見つけるのに試行錯誤.。、

最初、露出モードはPモードにしてたのを忘れてて、シャッター速度が1/60秒になり、被写体は完全にブレまくりなんですわ。

それで、シャッター速度優先にして、シャッター速度を上げてて行くと、今度はISO感度が上がりすぎノイズだらけに。

それで、次に、照明を出来るだけ明るくしてようやくうまくいったんですわ。

Exif情報はこんなんですわ。







で、撮った後、写真を見ると、「高速連写120fps」は、画像サイズが、VGA(640x480)なんで、小さすぎて実用的ではありまへんな。

今回のテストの様子を、動画に撮ってるんで、ようわかりますわ。








YouTubeへのアップロードフレームサイズは 1280x720 なんで、VGAサイズを無理やりこのサイズに拡大してるさかい、ボケボケになってまんねん。

ま、ま、そんなこんなで、イベントなんかで連写しようと思った場合は、前もって何度もシュミレーションしておく必要があるということが、よう解りましたわな。

と、いうことで、今回は、ここまで。

次回、COOLPIX S9900 「画質」に続く

















プロフィール

へぼたろう

Author:へぼたろう
他サイトから引っ越して来ました。
アラカン世代のデジモノ大好きおっさんです。
趣味は、PC、デジカメ、ミニカー収集・・・などなどです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア












検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク